ちょっと留置場合宿に行ってきた。

真面目に笑える手記を書きます。逮捕勾留の貴重な経験を、いつか誰かのためになればと、書き綴るブログです。

内偵について

 

皆様、ごきげんよう

 

どうやら、内偵という言葉の検索を経て、当ブログへお越しの方がちらほらいるので、

そのことについてお話しします。

 

私の場合は、数名の警察官が卵のパックのように玄関前に並んだあのお迎えの朝から遡って、数ヶ月間、内偵されていたと思います。

不審なことが多々ありましたが、逆の職務質問をすることは辛うじてしませんでした。

 

以前の記事で書いたように、

私が駅から出たら、そこで待ち構えていた男が、不適な笑みでこちらを確認しながら、タイミングを見計らっていたかのように電話し始めたりといった感じです。

他には店内でのつきまとい、それもかごの中も含めて気持ち悪いほど観察してくるなど。

ある商業施設では、恐ろしい目つきでマークしてくる男がいて、『私このお店を出たらあの人に殺されるかもしれない』と店員さんに助けを頼んだこともありました。これも警察だったのでしょうか。

また、電車の中で向かいに座っている男のスマホのカメラが、明らかにこちらを撮影している角度だったので、逆にその男を凝視し返してみたところ、慌てて角度を下げて、次の駅で降りていきました。

通勤ルートも把握の上で、乗り換えの駅に各担当が立っていて、撮影を交えながら数人がかりで帰宅まで見届けるので、もはやはじめてのおつかい状態ですが、乗り換えの組み合わせが何通りもある東京では、大変です。

また、マンションに無断で立ち入り、覗きや盗撮は余裕でします。堂々と違法駐車している黒いワゴンも度々ありました。

深夜に建物の前をウロウロしたり、

やっていることが、ストーカーと紙一重。

 

ちなみに、手配グループも張り込みの刑事も全部男性でしたが、彼らは街に溶け込む事が第一なので、見た目はとても警察には見えません。

サラリーマンを装ったスーツ姿か、学生のサークルにしか見えないカジュアルな格好か、ただのおっさんかです。

※オジ様という高貴なものではなく、オッサンです。間違えないで下さい。

 

いずれにしても、マダムが行くような青山のお洒落なカフェには付いて入って来れませんでした。庶民に成りすましているため、庶民的なお店には入れますが、高級レストランには入れません。ディズニーランドは男だけではもう絶対無理です。

ある日は、私が昼間から高級料理店でフカヒレを食べ終えて、お店を出たら警察が居ました。

お店以外で、それとは分からないように完璧なつきまといをしてみせるので、国費での専属ボディーガードがいるなんてどこのVIPだよと心の中で思わずつっこんだのは、ここだけの話です。

 

続く