ちょっと留置場合宿に行ってきた。

真面目に笑える手記を書きます。逮捕勾留の貴重な経験を、いつか誰かのためになればと、書き綴るブログです。

無意味な勾留質問とムダな勾留時間

 

検察庁に送られて、勾留質問を受けた人が皆揃って口にすることは、

「8時間も待たされたのに、勾留質問は5分で終わった」

 

人と目を合わすことすらできない裁判官が、下を俯いたまま淡々と、お決まりの質問を2〜3投げてきて、回答内容に関係なく勾留を「決定」します。

勾留質問は形式的にあるに過ぎず、ほぼ99%結果は「勾留決定」なのに、何のためにこの無駄な一日を過ごすのか疑問でしかありません。

 

「逃亡の恐れあり」とのことで私は勾留されましたが、人間は動物なので逃亡のおそれは全員にあります。よって、理由になっていません。

 

また、「証拠隠滅の恐れもあり」とのことですが、他先進国の3日間に比べて最大20日間という無駄に長い期間勾留するのは、言い換えると、釈放して口裏合わせをされたら真相を見抜けないほど、日本の検察官の能力がその程度ということでしょうか。

いや、そんな筈はない。

 

長期間拘束した割には、刑事による取り調べは合計3時間程度で、

検察呼び出しは、一回目が5分、

二回目はなんと、着席した途端に終わりました。

 

私が入室して席に着いたと同時に「もうこれ以上お話を聞く事もありませんので終わりにします」と言い、調書に指印を取られました。表紙(拍子)抜けしそうでした。

 

検察庁を一歩出たら合コンに出頭してそうなイケメン若手検事、私が着席した途端に切り上げた訳ですよ。

 

じゃあなぜ呼び出したんだと。

用もないのになぜ護送して、長時間待たせたんだと。

そんなに守りたかったのだろうか。

 

8時間待たされた間の想定問題集が無駄になったではないか。

もはや心の準備すらいらなかったではないか。

 

「終わりにします」の一言を告げるために、呼び出したのか。

恋人同士の別れ話ではないのですがね。

 

勾留する意味がどこにあったのか教えてください。

警察が勝手に火をつけて、勝手に鎮火して、勝手に終わりにしますと。

 

 

このブログが、不当な逮捕勾留の撲滅に繋がるといいなと思います。