ちょっと合宿に行ってきた。

真面目に笑える手記を書きます。逮捕勾留の貴重な経験を、誰かのためになればと、書き綴るブログです。

合宿場では、レースの下着はダメらしい

 

 

警察に捕まると、留置という名の合宿に放り込まれる訳ですが、その施設にいる警察官のことを、「担当さん」と呼ぶのです。

 

 

一体、何の担当なのか、誰の担当なのか。

 

 

どうやら総称が「担当さん」で、この施設では、何か用があれば「担当さん」と呼べば、誰かが来ることになります。

 

そう、「担当さん」は、「すみません」とほぼ同義です。

 

私の場合は、女性用の合宿場に連れて行かれました。

到着すると、この担当さん数名(以下、チームBBAとします)がスタンバイしていて、まず、持ち物検査と身体検査があります。自分は丸裸にされます。

 

 

そのことを何も知らなかった私は、服を脱いで、下着姿になった段階で、 

 「まさかこれ以上脱いで、このばばあ達に裸を見られるのか? 一体何の罰ゲームで •••?」と思ったと同時に、

 

 

チームBBAに、

「そんなレースのパンツを履いていたら駄目だからね。早く脱ぎなさい!」と言われました。

 

 

後で知ったことですが、

ここでの身体検査は、レースの下着でなくても、例え、ただの布を身に纏っていたとしても、脱がされます。

(と言うよりも、私物を何一つ持ち込めない。中で買わされる物と全く同じ製品を持っていたとしても、没収される。)

 

 

魅惑の下着を身に着けたら、恐らく旦那ですら吐き気を催すだろうこのチームBBAの方々に、

 

「レースだから駄目だ」と説明されたのです。

 

 

 

丸裸になると、チームBBAが寄ってたかって肌を隈無く確認していきます。

 

皮膚科でですら、是程まじまじと診察された経験はないので、人の肌に集まってきて、角質を食べるドクターフィッシュのようなその光景に、尾を引いたのは私の方なのです。