ちょっと合宿に行ってきた。

真面目に笑える手記を書きます。逮捕勾留の貴重な経験を、いつか誰かのためになればと、書き綴るブログです。

泣いて内偵を振り返る


逮捕勾留で、警察と濃密な時間をともに過ごしたことで、今では、どれが警察か自然と分かります。

 

警察特有の目の動きや目つきがあります。

 

では、内偵を笑って振り返りましょう。

逮捕直前の数ヶ月間で、「あの時のあれは警察の尾行だったな」と思うエピソードが幾つもあります。

辛うじて、逆の職務質問はしませんでしたが。

街を歩いていたら、ナンパを装って声をかけてきた男が、手当たり次第のナンパとは思えないほど、電話番号をしつこく聞き出そうとしてきたり、

待ち合わせの筈がないような場所で、待ち伏せをしている人がいたり、
お店の中でストーカーまがいのつきまといがいたり、
レストランで食事を終えて出たら、正面を向いて待っていた男が、歩き出すのと携帯を耳に当てるのと電話口で喋るのとを同時に始めたり、
人が一人もいない真夜中の静かな住宅街なのに、私が駅から出たら、そこにいた男がこちらの様子を把握しながらいきなり携帯電話で話し始めたり。


「気づいてましたよ。だって、◯◯なのに◯◯なのはおかしいから」と後々追してみたところ、


「君は頭がいい。君が警察になったら、内偵の仕方を教える」と言われました。



そんなこんなで、場数を踏んだので、張り込みの警察かジャッジが働くようになった訳でございます。

スーツを着ていても私服でも、共通するのは斜めがけのバッグなどで、両手を開けている状態。いつでも走れる靴を履いている。何かを見る時の目つきが獲物を睨みつけるような露骨な鋭さなので、すぐ分かりますね。