ちょっと留置場合宿に行ってきた。

真面目に笑える手記を書きます。逮捕勾留の貴重な経験を、いつか誰かのためになればと、書き綴るブログです。

日本の長すぎる勾留時間

 

 

英語で言うところのロングステイです。

最大22泊となります。

 日本ではどうやら警察が逮捕状を請求すると、99.99%という純金に迫る勢いで裁判官はあっさり発行し、そのうちお迎えがやってきて逮捕に至る。

逮捕されると、検察に身柄送検され、検察官が「逃亡の恐れあり」とか言って簡単に勾留を請求すると裁判官はほぼ認めるので、もれなく10日間の勾留が決定し、それでも足りなければ、もれなく10日間延長となる。

もはや、一度逮捕状が出てしまったら、エスカレーター式で勾留までいくと言っても過言ではない。

 

調べたところによると、欧米とはかなり相違があるようだ。

 

1 逮捕・勾留時間
  日本 23日
  欧米 2~3日

 

波があるかないかは天地の差!笑



2  勾留場所
  日本 警察代用監獄(被疑者を無制限に取り調べ可能)
  欧米 関係の無い拘置所(取調べには拘置所規則の厳格な制約がある)

3 取調べに際しての弁護士の立会
  日本 許されない
  欧米 当然認められる

4 勾留の目的
  日本 自白獲得(長い拘留期間を利用して自白を引き出す)
  欧米 客観的証拠の収集(被疑者の供述を得る程度)

5 警察の機能
  日本 自白の獲得等、供述証拠の獲得に長ける
  欧米 客観的証拠の獲得に長ける

 

 

自白至上主義につきましては、別途記事にします。