ちょっと留置場合宿に行ってきた。

真面目に笑える手記を書きます。逮捕勾留の貴重な経験を、いつか誰かのためになればと、書き綴るブログです。

7. 女子の留置場生活


男性用の留置場は、各警察署にそのフロアがあるらしい。

一方の女性は、施設が限られていて、東京23区内であれば、お台場にある湾岸警察署、原宿警察署、警視庁西が丘分室の3箇所しかないようだ。

私がいた原宿警察署は、数年前に石原前都知事が新築したもので、収容人数が都内最大級とのこと。

通りでとても奇麗な建物で、洋式のトイレもピカピカだった。

留置場のトイレは、窓ガラスから中が丸見えで、ギリギリ下半身が見えない高さまで壁がある。ドアの代わりにあるのは、鍵のかからない小さな板のみという自殺防止の作りになている。

 

建国してから一度も掃除をしていないような暗くて汚いインドのトイレとか、ハエが100匹いるようなアフリカとか、便器がない南米とか、物質不足でトイレットペーパーが足りないキューバとか、もはやトイレという建築物が存在しないため草原がトイレですとか。

海外放浪をしてきた私からしてみれば、原宿警察署は 天国のように思えました。


女性用の留置場は、担当官も全員女性で、ちょっと怖いお姉さん達の監視のもと、合宿をしているような心地よさを日に日に噛み締めていたのでした。

女子にとっての必需品のうち、留置場で使える保湿アイテムは、
中で購入するリップクリームとニベアのみ。
あとは、肌荒れには、その都度申し込んで使えるオロナイン。
週に一度しか注文のチャンスがないのを知らず、入所時にニベアを買っていなかった私は、洗顔後に塗るものが何もなくて困りました。
(やっぱり買いたいと後でどんなに懇願しても通用しません。笑)

日本人女子の代名詞が「資生堂」であるように、世界一、お肌が奇麗で、お手入れにぬかりがない私達が、欠かすことの出来ない化粧水。
それが手に入らないのはかなり不便。

でも、長い長い海外生活で、化粧水という文化が存在しない、いきなりクリームを塗るヨーロッパ圏に滞在していたときのことを思い出し、
仕方なしに、仲間直伝のオロナインを顔全体に塗るという裏技で凌いだのでした。 

あとは、美容液も髪のトリートメントも何もない。勿論お化粧もできない。
一切所持使用禁止、使用禁止、差し入れも禁止。
 
石けんの香りだけが、癒しのアロマです。
 
食事も、朝夕は質素を絵に描いたようなおかずに冷めきった白米のお弁当、昼は、コッペパン2本にジャムのみ。

世界的に見たら、豊かさがトップの日本で、贅沢なお嬢様暮らしをしていた日本人女子にとって、これだけ制限された生活は、屈辱以外の何者でもない。

ふと、そんなことを思い、いかに恵まれていたかを実感したのです。