ちょっと留置場合宿に行ってきた。

真面目に笑える手記を書きます。逮捕勾留の貴重な経験を、いつか誰かのためになればと、書き綴るブログです。

留置場での一日のスケジュール



これは、留置場で過ごす日のスケジュールです。

検察庁や裁判所に護送される日は、8時頃護送車に乗り込み、
発狂しそうなほど退屈で長い待機時間
を経て、夕方戻ってきます。)

6:30 起床
 | 布団片付け、洗面
7:00
 | 朝食、スキンケア
8:00
 | 運動(髪をとかす)
9:00
 | 自由時間(取り調べ)
12:00
 | 昼食
13:00
 | 自由時間(取り調べ)
17:00
 | 夕食
19:30
 | 本回収、洗面、スキンケア
20:00
 | 就寝時間
21:00 消灯、就寝


留置場で過ごす一日は、取り調べや面会が入らなければ、自由時間です。
新聞や本をひたすら読んで過ごしました。
家での怠惰な生活に比べたら、早寝早起き、なんて規則正しいことか。

機内サービスのごとく食事が運ばれ、お茶かお湯かと聞かれ、
新聞や本、ティッシュを頼んだら持て来てくれ、
歯ブラシには歯磨き粉がつけられた状態で渡され、
部屋から洗濯物を預けたら奇麗になった状態で返ってくる。

ヒルトンホテルですか?笑

お弁当は冷めきっていて、質素なおかずで、確かに美味しくはないけれど、
海外放浪をしていた私にとっては、御馳走で、初心に返れば、日本のもちもちのお米にありつけることが幸福です。

買ったことがないような上下スウェットの楽な格好で、
寝そべって読書に没頭するのが、とても贅沢な時間とさえ思えました。

携帯も取り上げられていて、インターネットも見られない。

神様がくれた時間、与えられた試練。